国債ってなに?

国債とは国庫債権の略称で、日本国が発券している債券のことを指します。
この国債を投資家に買ってもらうことで、日本国が投資家にお金を借りることになります。

つまり、国債というのは日本という国が投資家からかりているお金のことです。
もっとわかりやすく言ってしまえば国債というのは、国がその人からお金を借りていることを証明する「借金証書」のようなものです。

国債には他の投資と同じく、利息がついたり、満期などが定められています
我々が日本国に対してお金を貸す際に、日本国に対して利子を付与することができるのです。
満期は短期から長期にわたるまで様々な種類がありますが、満期を迎えた時に全額が償還されるのです。

国債は公共サービスなどに使われることとなります。
特に、道路や橋などの交通整備やダムや堤防などの公共設備は国債で賄われていることが多くなっています。

公共設備の建築は莫大なお金がかかりますので、現時点の税収入のみで行いますと、他の予算を圧迫してしまいます。 そのため、国債でお金を集め、税収入で何年かに分割してお金を返していくという方法で建設していくのです。 こうした目的で発行されている国債を特に「建設国債」といいます。

その他にも、東日本大震災のような災害で発生した損害を賄うために集める国債として「復興応援国債」など様々な目的の国債があります。 現時点で日本でも問題になっている「赤字国債」などもあり、経済に直接影響を与える要素ともなっています。

外国との関係性においても、国債は大きな影響を与えることもありますので、その動向には注意しましょう。 国債のシステムを簡単に言えば、国にお金を貸し、一定の年数が経過(満期)してから返却してもらいますが、その借用証書が国債です。

お金を貸す以上は当然利息が発生しますが、通常の国債は年に2回の利息が支払われます。
国債にも様々な種類がありますが、発行から満期までの期間(例えば2年満期、5年満期など)や、利子の支払われ方によって細かく分類されます。

個人投資家向きの国債から、消費者物価指数に左右される機関投資家用の国債(投資信託を通さなければ購入できません)まで、様々な種類の国債が存在します。
近いところでは、復興支援を目的として発行された、通常より金利の低い国債があります。

これは東日本大震災の復興や被災地の支援など、集められた資金は復興事業のために使用され、条件を満たしていれば、国債所持者に東日本大震災復興事業記念貨幣が贈呈されるシステムです。

国債は通常の株や投資信託とは違い、借金の相手が国であるがゆえに安全性は高いものの、利回りが低いことが主な特徴です。
つまりリスクはほとんどありませんが、リターンには期待できません。
ちなみに2015年3月募集分の個人向け国債の利率は、5年満期の国債は0.05%。10年満期で、0.26%です。
証券会社などで国債の購入キャンペーンを行う場合もあり、キャッシュバックなどの特典があります。

国債の利回りでお金に余裕ができたら医療レーザー脱毛をやりたいって思います。このサイトを見てそう思いました。→医療レーザー脱毛は永久に生えてこない?部位別に徹底検証!
国債であまり利回りを得られず資金に困ってお金を借りるなら大手の金融機関が良いでしょう。また国債の利回りでお金を得ることに成功し生活にゆとりが出てきたら今まで抱いていた悩みの解決などに投資するのもありですね。例えばハゲの人が【厳選】育毛剤おすすめランキングに投資するのはありだと思います。


ページトップへ
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) わかりやすく解説!国債の基礎知識 All Rights Reserved.